失業保険

失業保険(雇用保険)の基礎知識

失業保険の延長手続きとは?働くことができない場合はどうすればいいのか?

失業保険の手続き後、病気やケガで長期間働けない人は失業保険を受け取ることができなくなります。このような場合には延長手続きをすることによって失業保険の受け取り期間を延ばすことができます。
失業保険(雇用保険)の手続き

失業保険の手続きの流れ

失業保険の手続きは長い行程がかかります。申請してもすぐに受け取ることができませんので、1日でも早く支給されるように手続きの流れを把握しておきましょう。
失業保険(雇用保険)の各種手当

失業保険の再就職手当・就業手当とは?

失業保険には早く就職すればするほど支給額が大きくなる『再就職手当』『就業手当』というものがあります。特に自己都合退職者は、失業保険の手続きを行っても3ヶ月の給付制限がついてしまうため、ぜひとも検討したいところです。再就職手当と就業手当について解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

失業保険はアルバイトやパートでももらえるのか?

失業保険は会社員のための制度というイメージがあるかもしれませんが、アルバイトやパートももらうことができます。アルバイトやパートで失業保険をもらうための条件について解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

失業保険を受け取りながら公共職業訓練でスキルアップしよう

失業後、今度は違う職業につきたいと思ってもスキル不足で採用されないことがあります。職業訓練を受講すれば失業保険で生活費の保証を受けながらスキルアップをすることができます。この記事では失業保険の給付を受けながら受講できる「公共職業訓練」について解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

失業保険がもらえる期間 失業手当給付日数の計算方法

失業保険はいつまでもらうことができるのでしょうか。失業保険の支給期間は、退職理由や雇用保険の加入日数によって大きく変わります。この記事では、失業保険の給付日数の決定条件といつまでに手続きしなければいけないのか解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

特定受給資格者と特定理由離職者とは

失業保険を少しでもお得にもらうには、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。決め手は『退職理由』です。失業保険の支給金額を左右する「特定受給資格者」と「特定理由離職者」について解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

失業保険と生活保護の違い

失業保険と生活保護は、どちらも生活に困っている人を支援する制度です。どのような状況にあれば失業保険を選び、どのような状況であれば生活保護を選べばいいのでしょうか。この2つの制度の違いについて解説します。
失業保険(雇用保険)の基礎知識

やってはいけない失業保険の不正受給

失業保険は退職前の収入を元に支給金額が決まります。では嘘の収入を挙げればどのようになるのでしょうか。大きなペナルティがあるので絶対にやってはいけません。失業保険を不正受給した場合について解説します。
タイトルとURLをコピーしました